相続税額試算・相続税シミュレーション

相続税額試算・相続税シミュレーション

まずは現状の把握から!!「相続税シミュレーション」家族のためにできること!

相続シミュレーションの必要性(相続対策)

早めの相続税対策が可能に

相続税申告のスケジュールは非常にタイトになっており、わずか10ヶ月あまりで行う必要があります。
その中で必要書類を集め、遺産分割を行い・・・・などの作業が発生します。事前に相続対策を講じているだけで不要な財産の流出を防ぐことが可能になります。

主な対策事例

保険による対策

相続において相続財産の基礎控除(税金の優遇)がありますが、被相続人の死亡時に受け取る生命保険金に関しては別途非課税枠がありますので、納税資金の準備など相続税対策によく使われます。

保険料の負担人や受取人、保険の種類など慎重に選ぶ必要がありますが、相続への負担感が軽減されます。

不動産による対策

遺産の中に、一定の要件を満たす被相続人等の住宅や事業に使われていた宅地等がある場合、その宅地等の評価額の一定割合を減額する特例があります。

これを、小規模宅地等についての相続税課税価格計算の特例といいます。 特例の適用を受けられるのは、個人が相続や遺贈により取得した宅地等で必要要件に該当しなければなりません。

贈与による対策(画像)

110万円の基礎控除を利用する

【 例えば 2人に10年間110万円ずつ毎年贈与した場合 】
2人×10年間×110万円=2,200万円になります。
合計で2,200万円渡しているのに、贈与税はゼロ!さらに相続財産を減らすこともできるので、メリットが非常に高いです。
ただ、この方法はしっかりと行わないと税務署から贈与を否認される場合がありますので、まずはごください。

早ければ、早い方が相続対策は行いやすいです。一度ご相談ください。

WEBフォームはこちら

相続シミュレーションの必要性(相続トラブル回避)

おこりうる相続トラブルの回避
相続税シミュレーションを行うことで、おこりうる相続トラブルを回避することが可能です。

遺産分割時のトラブル
  • 遺産の大半が不動産なため、分割が困難である
  • 相続人がたくさんいる。
相続税納税時のトラブル
  • 自宅を売らないと相続税の納税が困難である。
  • 会社を運営しており、株の評価が高すぎる

家族の仲が良いので心配ない…本当に「心配ない」で大丈夫ですか? 是非一度ご相談ください!!

WEBフォームはこちら